公開講座


2016ŒöŠJuÀƒ`ƒ‰ƒVÅI

時間/13:30~15:00 各回共通(全2回)
場所/京都西山短期大学 講堂(2/18)、述誠館(3/11)〒617-0811 京都府長岡京市粟生西条26
※本公開講座は「参加無料」、「予約不要」でご参加いただけます。
※当日は、自家用車でのご来場はご遠慮ください。スクールバスもしくは公共交通機関をご利用ください。

opl-03

第3回 2月18日(土)

本学教授
島袋 章

童謡・唱歌・そして仏讃歌

日本人の心に残る名曲の数々に童謡・唱歌があります。メロディーを聞いただけで、古き時代の思い出が懐かしくよみがえり、私の心を癒してくれます。唱歌と童謡の違いや、その曲の由来を学びながら、ともに歌いましょう。
併せて、仏の教えをより身近に感じさせてくれる仏讃歌を紹介します。歌は、私たちに「お慈悲」の心を育ててくれます。歌で広がる楽しいひとときをともに過ごしましょう。

講師プロフィール

大阪音楽大学音楽学部声楽家卒業。同学部専攻科修了。1984年、イタリア留学。1986年、日伊協会主催、スカラ座の名歌手「ジョルジョ・オールミ」氏を迎えての『日伊交歓演奏会』に出演。
2017年1月、第7回目のリサイタルを開催。その他オペラ、合唱ソロ等、多くの演奏活動を行う。また、市民教養講座や保育者研修会での講演活動も行っている。平成13年11月、仏教聖歌普及を目的に「西山仏讃歌の会」を設立。CD「仏讃歌」「西山上人十六霊場御詠歌」「西山仏讃歌集」刊行。現在、京都西山短期大学教授。西山仏讃歌の会委員長。女声合唱団「ささりんどう」「クールメール」指揮者。

kano

第4回 3月11日(土)

本学准教授
伊藤 華野

くまモンとヨーガ・プログラムでストレスケアを!
おとなも子どもも赤ちゃんも♪みんなで楽しくヨーガで遊ぼう~!

カラダとココロに意識を向けて、ご家族やお友達を誘いあって皆でリフレッシュしてみませんか。いつもがんばってくれている「カラダさん」にたくさんの「ありがとう」を伝え、伝え合いましょう。「くまモンとヨーガ・プログラム(http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_11053.html)でのストレス・ケアやキレイな姿勢づくりまねまねヨーガをお伝えします。
※動きやすい服装・大判バスタオル持参

講師プロフィール

臨床心理士・保育士・介護福祉士・福祉レクリエーションワーカー。単書に『おとなと子どものキレイな姿勢づくり・まねまねヨーガ』『はじめよう!キッズ・ヨーガ』等。過年、京都新聞『まねまねヨーガ』土曜朝刊連載。近年は熊本県依頼で『くまモンとヨーガ・プログラム』を作成(熊本県HP無料動画配信中)、マインドフルなヨーガを実践研究している。
詳しくは伊藤華野ホームページをご覧ください。
http://www.itokano.com

追悼奉納

講座後は15時より光明寺阿弥陀堂にて2011年3月11日の東日本大震災への追悼として「マインドフルネス舞ヨーガ(曲目『般若心経』)」を奉納いたします。(15時半頃終了予定)

公開講座2016チラシのダウンロードはこちらから(1.5MB)

以下の画像をクリックしていただくと拡大版のマップをご参照いただけます。

Šî–{ RGB
Šî–{ RGB

お問い合わせ

〒617-0811 京都府長岡京市粟生西条26
京都西山短期大学
Tel.075-951-0023

バックナンバー

2016年

仏教学専攻 公開講座〜『老い』を楽しむ仏教の学び〜

時間/14:00〜15:30 各回共通(全2回)
場所/京都西山短期大学 講堂(本館2階)〒617-0811 京都府長岡京市粟生西条26
※当日は、自家用車でのご来場はご遠慮ください。スクールバスもしくは公共交通機関をご利用ください。

※本公開講座は「参加無料」、「予約不要」でご参加いただけます。

公開講座2016チラシのダウンロードはこちらから(1.5MB)
中西 随功

第1回 12月2日(金)

本学学長
中西 随功

老いを楽しむ仏教の学び

人間としての生を受けると必然的に生老病死(四苦)という人生の課題を負うことになる。これは避けて通れない事実である。
実は釈尊の仏教はこの四苦を解決していける方途を説かれている。だから人生において仏教と出会えることは最高の歓びとなる。とりわけ浄土教は生死を超える真実を説かれている。ともどもに学びを深めてみたい。

講師プロフィール

【経歴】 国立和歌山高専卒業、京都西山短期大学卒業、大谷大学大学院博士後期課程満期退学、京都西山短期大学教授・学長・博士(文学)、保護司
【著書】 『浄土教の和歌』(ヨシダ印刷)、『證空浄土教の研究(法藏館)』、『證空辞典』監修(東京堂出版)、『無量寿経註釈叢書』七巻監修(法藏館)、『五重相伝会勧誡綱要』(花蔵浄宗学会)、『法語講録-法然上人に学ぶ』(探求社)

加藤 善朗

第2回 2017年1月21日(土)

本学教授
加藤 善朗

いのちのまとめ方

神谷美恵子は、死の直前、「キリスト者」になれない理由として、イエスが30歳の若さで自ら死に赴いたためだとして、80歳の老境を経て入滅したブッダの方に惹かれると告白しています。
ブッダ・法然・證空、この講座では「いのちのまとめ方」について、仏教のさまざまな智恵に学びます。

講師プロフィール

  • 1964年、兵庫県篠山生まれ。総合研究大学院大学(国際日本文化研究センター)終了。日本学術振興会特別研究員、龍谷大学講師を経て2008年より現職。
  • 1999年博士(学術)(総合研究大学院大学)。
  • 2002年、鎌倉時代の涅槃図研究で佐和隆研賞受賞。
  • 2010年より長岡京市社会教育委員会委員、乙訓社会教育委員会委員。
  • 2011年11月 東京堂出版『證空辞典』の編纂執筆。
  • 2012年3月 佛教大学総合研究所編『法然浄土教の可能性』執筆に携わる。

次回以降開催予定

2016年度 仏教保育専攻公開講座は、2017年2月18日(土)、2017年3月11日(土)に開催予定です。
[時間:14時〜15時30分(各回共通)]

バックナンバー

2015年

公開講座2015

時間/14:00〜15:30 各回共通(全4回)
場所/京都西山短期大学 講堂(本館2階)〒617-0811 京都府長岡京市粟生西条26
※場所については、内容により変更する場合がございます。
※【第2回】11月9日(月)は、体育・リズム室(述誠館1階)となります。
※当日は、自家用車でのご来場はご遠慮ください。スクールバスもしくは公共交通機関をご利用ください。

※本公開講座は「参加無料」、「予約不要」でご参加いただけます。

公開講座2015チラシのダウンロードはこちらから(2.7MB)
img-matusaka

第1回 10月19日(月)

本学講師
松阪 崇久

笑いの起源と進化〜チンパンジーの遊びと笑い〜

笑うのは人間だけだとかつては考えられていましたが、人間にもっとも近い動物であるチンパンジーも笑うことが知られています。

仲間同士でくすぐりや追いかけっこなどをして遊ぶ時に、チンパンジーは笑い声をあげます。このチンパンジーの笑いにはどのような意味があるのでしょうか?人間の笑いが持つ特徴と比べながらご紹介したいと思います。そして、人間の笑いがどのように進化してきたのかについて考えます。

講師プロフィール

京都大学大学院理学研究科修了、博士(理学)。専門は霊長類学。タンザニアのマハレ山塊国立公園の野生チンパンジーを対象とした調査を2000年から続けている。主な研究テーマは、乳幼児の社会交渉と文化的行動の発達。

img-t6

第2回 11月9日(月)

本学講師
小林 志保

健康維持につながる楽しいレクリエーション運動

日常生活の中に軽い運動を取り入れることによって、からだは丈夫になり、転倒予防に効果的な足・腰・腹部の筋力アップやバランス能力、歩行能力が改善されます。高齢者の運動に大切なのはモチベーションだといわれています。無理なく運動を楽しめる様に、工夫をしましょう。一緒に運動をする人を見つけるのが効果的です。誰かと声を掛け合いながら運動で広がる楽しい時間を共有してみませんか。

講師プロフィール
大阪体育大学体育学部体育学科(学士)。大阪教育大学大学院 実践学校教育専攻(教育学修士)。レクレーション
指導法を中心に、専門学校、短期大学で講師を勤める。「レクリエーション」も「あそび」であり、子どもや親子、学生、高齢者、留学生と様々な方を対象に、「運動の楽しさ」をどの様に導入すればコミュニケーションを図りながら楽しんでもらえるかを考え、実践している。

tlk

第3回 11月27日(金)

本学講師
川本 真佐美

日本語教師の仕事

日本語教師とは、日本語を母語としない人々に日本語を教える教員のことです。現在、海外では約399万人、国内では約17万人が日本語を学んでいます。彼らの学習目的は様々で、それに応じた日本語教育が求められています。本講座では、日本語教師になるにはどうすればよいかをはじめ、海外(特に中国)や国内の日本語教育事情をご紹介します。私たちが普段何気なく話している日本語を、「教える」ということについて一緒に考えてみましょう。

講師プロフィール
広島県生まれ。岡山大学法学部卒業。日本語教師養成講座修了後、2005年中国へ。4年間大連で日本語教師として働く。2010年度日本語教育能力検定試験合格。2012年3月立命館大学大学院言語教育情報研究科修了。同年4月本学着任。

img-t8

第4回 12月7日(月)

本学教授
髙城 宏明

四十八願について

四十八願、また四十八誓願とは、『無量寿経』に説かれる阿弥陀仏の本願である。私たちが今日ふれる『無量寿経』は、中国曹魏の時代に康僧鎧が訳出したとされる『無量寿経』を言うが、今回は「四十八願について」と題して、康僧鎧訳『無量寿経』に見られる本願の中から阿弥陀仏の正覚の根拠ともなる「光明無量願」などを取り上げ、阿弥陀仏の特性を探ることにする。

講師プロフィール
京都西山短期大学 教授
京都西山短期大学仏教学科長
京都市南区 西山浄土宗行願寺住職

  • キャンパスGALLERY
  • 年間スケジュール
  • キャンパス・施設紹介