緊張や不安の強い子どもへのワークショップを実施しました

6月4日(土)に、緊張や不安の強い子ども(場面緘黙/選択性緘黙児)のためのワークショップを実施いたしました。

この日は8組の参加がありました。13時半から受付を開始、体育リズム室に親子ペアが参集。方針と目的をお伝えし、全スタッフの挨拶後は、メインの遊び(6月4日はヨーガ)、および定例の体操(まねまねヨーガ)、宿題の遊び(くまモンとWe are here体操)などをしました。休憩後、多目的室にて「おやつ」の時間。その後は、親と子が分かれ、親8名は臨床心理士Aとグループ交流会、子8名は臨床心理士Bおよび学生が遊びを提供する時間となりました。最後は学生と子どもが行う工作ワーク、親子がペアとなってお別れワークを実施し、解散となりました。

最初は緊張し、じっと観察モードだったお子様もプログラム終了時にはほぐれ、最後に再び実施した親子ペアの遊びではすっかり楽しく動く様子もみられました。また、学生ともうちとけて、帰りにはハイタッチなどをしてお別れするお子様もいました。ほとんど初めて出会われる親御さん同士のグループ交流会も充実した雰囲気でした。遠路はるばるお越しくださった参加者の皆様に心より感謝申し上げます.

0608かんもくa
0608かんもくb
0608かんもくc
0608かんもくd


Comments are closed.