高短連携 学校説明とパネルシアター講演

令和2年9月8日(火)・9日(水)、高短連携の一環として同一法人である京都西山高等学校にて学校説明とパネルシアター講演をおこないました。

こども夢コース2年生を対象に、1時間目は、教室で短大の様子や受験についての説明、続いて本学 伊藤華野准教授が児童文化の授業の部分を担当させていただきました。

2時間目は、多目的ホールへ移動し、本学 髙橋司特任教授のパネルシアター講演を実施いたしました。

パネルシアターとは、パネル布(毛ばだちの良い布)を貼ったボードに、不織布(Pペーパー)で作った絵人形を貼ったり、外したりして展開するお話、歌あそび、ゲームをはじめとする教育法、表現法で、保育授業の有力な手段です。

みなさん興味深く講座を受講してくださいました。ありがとうございました。




Comments are closed.