平成30年度西山こどもワークショップが終了いたしました。

~場面/選択性緘黙(かんもく)児へのカラダ・こころあそび支援プログラム~

4回目、12月1日(土曜)は「親子でオリニギリ!」。楽しくつくって楽しく食べる遊びを行いました。(台風による延期し予定内容を変更しました)
5回目、1月19日(土曜)は本学、教授による「音であそぼう!」。いろいろな打楽器を使ってこころのリズムを表現したり、手遊びをしたりして遊びました。恒例のまねまねヨーガやリラクセーションもとても上手にできていました。
ふりかえり:2月9日(土曜)これまで保護者にいただいた様々な情報をまとめ、保護者の方にフィード・バックを行う日でした。こどもがひとりで行う遊びと、こども同士で遊ぶ活動にも挑戦しました。そしてこどもたちと親御さんに、素敵なプレゼントをつくりお別れをしました。

今年は年間5回の遊びを通して、こどもたちの変化をみさせていただきました。
特に今回はこどもたちの活動の結果を的確に把握するために、つくば大学坂入洋右教授のご協力で「こころのダイアグラム」二次元気分尺度こども版をつかわせていただきました。「こどもがカラダやココロにやってくる緊張や不安に気が付いて、それをうまく解いていく方法を伝えていきたい!」変化はすぐに現れないかもしれませんが、これからも地道に臨床研究を続けていきたいと考えています。ご参加くださったお子様、ご協力くださった保護者の皆様、本当に有難うございました。

次年度の開催
保護者の皆さまからは、来年度も継続開催を強く望んでいただいております。場面緘黙のことについて「詳しい情報を得る機会がない」、「どこにも相談するところがない」、「具体的な支援や治療を受ける機関がない」、「保護者の思いや悩みを交換する場がない」などという声を数多くいただきました。その思いにお応えできるようにできる限り検討していきたいと考えています。
また、参加された保護者の方々から親同志のつながりを持ちたいとの声もあがるなど、とても良い流れができています。場面緘黙児の支援の輪が広がり、教育保育の場での活動が盛んになるためのお役に立ちたいと考えています。

かんもくWS写真1
かんもくWS写真2
写真樹のポーズ

《ご連絡・お問い合わせ》

《ご連絡・お問い合わせ》
〒617-0811 京都府長岡京市粟生西条 26 京都西山短期大学 事務局
Tel. 075-951-0023   E-mail: seizan@seizan.ac.jp



Comments are closed.