教育理念・目標


教育理念

「学仏大悲心(がくぶつだいひしん)」の修学
「学仏大悲心」とは仏の大悲の心を学ぶこと。つまり他者の喜びや悲しみを、自らのこととして受けとめられる人間になるために学ぶものです。本学では、授業や日常の学生相談における個別指導などを通じて、この基本的な修学を教授していきます。

教育目標

社会貢献できる人材育成
仏教学科の仏教保育専攻に保育幼児教育コースを、仏教学専攻にライフクリエイトコース・仏教コース・国際経営コースを設置。また国際社会への対応として留学生を迎える別科も設けています。
学生一人ひとりに対しては、教授会・理事会・教職員委員会・その他関係機関の連携強化を図り、心を大きく育む教育環境の整備を推進中です。さらにカリキュラムの策定をはじめ、常に教育体制の見直しも継続実施。これらによって、社会貢献できる人材育成を目標としています。

  • 年間スケジュール
  • キャンパス・施設紹介