【学生のみなさまへ】新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた啓発動画の公開について

学長あいさつ

京都西山短期大学の教育理念は「学仏大悲心」―仏の慈悲の心を学ぶ―ということです。それは、人のよろこびを自分のよろこびとし、人の悲しみを自分の悲しみとして受け止め、自らの身体と心を通じて社会に貢献することです。本学はそのような人材を育成するということを目的とし、教員・職員・スタッフ全員が一人ひとりの学生全員に寄り添い、それぞれが持つ個性、特性を理解し、活かして伸ばすことを実践しています。

先日、あるお医者さんから聞いたのですが、患者さんは痛みの最中でも、「ありがとう」と感謝している瞬間は、痛みの苦しみが和らぐそうです。青春時代は楽しいことばかりではありません。京都西山短期大学に学ぶ学生は、つらいことに直面しても感謝の心を忘れず、支え合うことの大切さを理解して教学の実践を深め、社会に巣立っています。

平安時代の終わり、社会が争乱や疫病で苦しむ中、一条の光として法然上人が人々の救いを説きはじめたこの聖地で、ともに気付き、ともに学び合う仲間となる日が、一日も早く来ることを願っています。


学長

加藤 善朗