【学生のみなさまへ】新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた啓発動画の公開について

国際経営コース

コース概要

日本語力を磨いて国際的に活躍する力を養い、編入学にも対応します。

国際人として活躍するための語学力や教養力を高め、「日本や海外で働きたい」という夢に向かってステップアップできる人を育てます。大学への編入学もサポートします。

学びの特長

年2回行われる日本語能力試験対策として、能力別にクラスを編成して日本語教育を実施します。個々のレベルに合わせて指導することで、「話す」「聞く」「読む」「書く」それぞれのスキルをアップ。実生活でも使える語学力の習得を目指します。

経営学・経済学を中心とした科目を開講し、大学院への進学や四年制大学に編入学するための教養力も養成。ICTスキル関連講座や日中文化交流史など、留学生のニーズに合った講義科目も設置し、多彩な内容で幅広い考え方を身に付けます。

四年制大学や大学院への編入学を希望する留学生に向けて、「アカデミックスキルズ」や「アカデミックライティング」などの授業を開講。レポートや論文の書き方をはじめとする学問的リテラシーを学びます。進学相談にも個別に応じてアドバイスします。

取得できる資格

  • 日本語能力試験N1
  • TOEIC

在学生ボイス

孔 建邢 さん

コースの学び

わかりやすい授業のおかげで深まる興味

日本のアニメが好きで、はじめた日本語の勉強ですが、ここで学んでいて思ったのは「なんて美しい言語なんだ」ということ。茶道や着物など日本文化についてもたくさん教えていただき、日本が好きになりました。おもしろかった講義は「日本の昔話」。物語に込められた意味がわかると楽しいですね。どの先生も講義が丁寧で本当に感謝しています。

入学の決め手

充実したカリキュラムと手厚いサポート

日本語を学ぶカリキュラムが充実しているからです。1年間別科で学んで、さらにステップアップできることを知り、本学を選びました。今は日本語能力試験の最上位・N1合格を目指して勉強中です。生活面でも先生方の手厚いサポートが受けられると聞いていたので、安心して留学。おかげで日本での暮らしも楽しく、毎日順調です。

卒業生インタビュー

先生方の編入サポートに感謝

初めて西本願寺で御本尊を見た時、なぜか涙が流れて止まらなくなった私。その理由を知りたくて、日本の文化がもっと学べる四年制大学に編入することにしました。無事に合格できたのは、編入試験で重視される英語や日本語といった語学の授業が充実していたおかげです。大学選びの個別相談や志望理由書の書き方までアドバイスも丁寧で、日本での慣れない生活も支えていただき感謝しています。

董 雪 さん

2年間の学び

2年間の流れ

YEAR
1年次

春学期

日本語や日本文化を、基礎から学ぶ

日本で学ぶための基礎的な知識や文化的な違いへの理解を高め、日本語でのコミュニケーション力アップに向けて修学。あわせて経営学や経済学の基礎も学びます。

秋学期

様々な課題を通して、思考力を培う

引き続き日本語でのコミュニケーション力アップに取り組みます。経営学・経済学の基礎的なテーマや身近な時事問題にもふれ、論理的な思考力や問題発見力を養成します。

YEAR
2年次

春学期

専門知識を習得し、学びの幅を広げる

経営学や経済学の学びを発展させ、より専門的な知識を習得。電話応対など日本語表現の幅を広げ、編入学や日本語能力試験に向けた対策を強化します。

秋学期

国際人として求められる教養を高める

さらなる日本語力アップとともに、国際人として求められる高度な教養教育を図ります。卒業研究を通して自ら学びを深める力も養成。編入学サポートも適宜行います。

2021年度開講

※画像をタップすると拡大して表示することができます。

2年間の学び

アカデミックスキルズ

大学で学ぶための基礎力を
身に付ける

大学での学習や研究の基本的な方法を学び、自ら問題を見つけ、文献などを通して調べ、考えを深め、答えを導き出す力を習得。アウトプットの場として、発表の機会や討論の場も設けます。

経営学入門

対話形式で経営・経済の基礎を
理解する

会社の社会的役割から経営戦略、経営組織について、基礎的なことや用語が理解できるようにします。講義は学生との対話を重視。様々な質疑を通して、学びの成果の定着を図ります。

観光学Ⅰ・Ⅱ

観光業を支える
経営管理について学ぶ

観光をビジネスの側面からとらえる講義です。最新の研究課題なども紹介し、マーケティングやマネジメントといった点で分析。身近な話題も取り入れ、観光ビジネスへの興味を深めます。

社会の仕組みを伝えたい

未来への大きなステップ

山田 洋巳先生

愛知工業大学大学院工学研究科。生産・建設工学専攻博士後期課程修了。博士(工学)。専門分野は、経営学・マーケティング・実験心理学・統計数学・応用数学など。一般企業での実務経験のほかに個人事業主として、トヨタ自動車(株)や(株)デンソーなどでの実務経験を有する。

「経営戦略論」などマーケティング関連の講義を担当する山田先生に、講義の主な内容や学生に学んでほしいことを伺いました。

―先生の専門は何でしょうか。

山田

マーケティング・サイエンスといって、消費者の行動に科学的にアプローチする学問です。世の中にはいろんな商品がありますが、それがなぜ売れているのか考えるんです。

―身近なところに研究材料がありそうですね。

山田

何かを「買いたい」と思う時、消費者は何を好んで選んでいるのか、そういった人の心の動きも含めて研究しています。

―どの点が科学的なのでしょうか。

山田

アンケートを行ったり調査結果をまとめたりして、その集計データから消費者行動を読み解くんです。近頃話題の「ビッグデータ」です。

―では授業ではどのようなことを学ぶのでしょうか。

山田

基本的なマーケティングの考え方や概論からスタートし、流通論や経営数学、統計の基礎についても学んでもらいます。

―統計って数学ですね。

山田

そうです。ただ、計算するのはコンピューターなので、数学が苦手でも問題はありません。マーケティングや統計の考え方が理解できばいいんです。

―その知識は何に活かせるのでしょうか。

山田

社会で起こっていることがよく見えたり、就職先の会社がどんなマネジメントしているのかわかるようになります。商品開発の仕事にも役立てられますよ。

―先生はどのような実務経験があるのでしょうか。

山田

一般企業でシステムエンジニアとして約10年働いて、その後、経営計画を考える仕事もしていました。人事の業務も経験したので、履歴書の書き方や面接のコツもわかります。就職活動中の学生には、いろいろアドバイスできますよ。

―採用する側の視点もお持ちなんですね。ぜひ指導をお願いいたします。